ドレスのメリットとデメリットは?

特別な日の装いはいくつかの選択肢があります。洋装か和装かという事もありますし、それぞれデザインや形も大きく異なります。状況によっても着用する物は異なってきます。晴れの日の特別な装いはある程度華やかであるデザインであることが必要ですし、喪服などは落ち着いた装いを求められます。同じようなパーティーであっても、プライベートで着るものと仕事で着るものは異なってくるでしょう。その場に合ったものを着用する必要があるのです。また、素材などによってもお手入れの仕方なども変わってきます。こうしたあらゆる点を比較して最もよいものを選んでいくべきです。特に華やかな場に着用する方が多いドレスについて、一体どのようなメリットとデメリットがあるのかを見ていくことで選ぶ参考にしてみましょう。

華やかさの演出がしやすいというメリット

ドレスの最大のメリットというと、華やかさを演出しやすいという事が挙げられます。和服などは形がしっかり決められていて、生地の表面はそれほど変化がありませんが、洋服であるという事から比較的自由な形で、生地も様々なものが使われています。ラメを入れて輝かせるものもありますし、オーガンジーやレースなどを配したものはそれだけで女性らしい華やかさをプラスすることができます。色についても様々なものがあり、好みで選ぶこともできます。このように、選ぶ幅が広いという事から、様々なシーンに合わせて華やかさの演出がしやすいという事が言えます。もちろん大人の落ち着いた雰囲気のものもたくさんありますから、シチュエーションに合わせて様々な演出ができるという考え方もできるのです。

下品で軽くみえがちなところがデメリット

ドレスの場合、下半身はスカートになっていますので、丈の選び方によっては軽くみえがちなところがデメリットといえます。若い女性の方が短めのものを身に付けることもありますが、そうなると足が多く出てしまい、年配の方には不快に思われることもあります。また、胸元が大きく開いていたり、スリットが深く入っていたりといったセクシーなものについては、一つ間違うと下品になってしまう事もあります。着物であればしっかり体をカバーしていますし、形自体はそれほど変わらないものばかりなので、特に考える必要はないことですが、洋服だからこそいろいろな形があるため注意しなくてはならないのです。来た時にどう見えるかという事をしっかり確認して、適切なものを選べるようにしていきたいものです。